短期アルバイトで学んだこと

初めてのアルバイトが短期でした。
将来的に安定して収入を得るのなら長期にすべきなのだと思っていましたが、短期のお仕事に働きたいと思う業種が多かったのです。
それが工場勤務です。
面接に合格した時はこれから社会の中で生きていくのだと緊張しました。
そのアルバイト先で、学生時代の友人が先輩だったことは驚きました。
いろいろ思っていることやわからないことも聞きやすいので、仕事で疑問に思ったことはすぐ解決できます。
友人を通じて初めてのアルバイトで飲みに行ったりカラオケに行ったりできる友達が増えたのも嬉しかったですね。
短期ということで、早期のスキルアップは求められましたが厳しい環境も友達がいると気にならないものです。
このアルバイトを通じて、私は仲間が一人でもいると厳しい環境も辛く感じられないということを学びました。
お仕事は自分に合わないからとすぐに辞めることはしにくいものです。
今後もこの業界で働きたいかどうかを見極める判断材料にもなると思います。
社会復帰を決めたときも短期アルバイトにはお世話になりました。
少しずつ生活習慣を改善して、働く感じを取り戻せますし、その期間、きちんと働けたという達成感が社会へ出る自信をくれます。
徐々に長期のお仕事へ移行しても差し支えなくなったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です